succubusubuster

【太ももに挟まれるM男】ハーフ女子アナのニーハイブーツ攻め!

by / 2 Comments / 4574 View /

kick-spanking-room-for-masochist-006

女子アナの挟まれたい太もも オタサーの姫が足コキ

そうよ〜 生 鈴木エリーザ =「スズエリ」よ♪
あれれ? うちのヲタク研の男どもは「三次元なんてビッチばっかりで全然興奮しないよなっ!」なんて言ってたけど、ヲタちんこ反応してなぁい?

ミ、ミサミサ!?
まさかあのいつもの萌え萌えウサギ白ニーソで足コキされてるっ!?
あっあっあひぃ!! 二次元オンリーなんて嘘でひゅぅ!
サドミサミサたまらなひぃぃっ!!

うふ♪
楽しめそうじゃない?
三次元女子アナのふとももに挟まれるのはどうかしら?

M男 小島マサミチ を性的いじめをする女達は、彼と大学の同級生である 「オタサーの姫」幹崎みさき と 「現役ロシアハーフ女子大生アナウンサー」鈴木エリーザ だった。
M男を攻めるサディスティックな振る舞いは キャンパスやテレビの中の彼女たちとは全く異なるものだ…!

続きが気になりましたら 次のページもご覧になって下さいね

敵女はいっぱいおります 成敗していきませんか?

M男スパンキングお仕置き部屋 編

巨乳ナース ブルマ女子高生 編

バニーガールテロリスト 編

バトルファック脱衣麻雀 編

牛女 ブーツボンデージ 編

パンストサディストお嬢様 編

小悪魔 スク水白ニーソ 編

ビッチ/女王様即堕ち2コマ 編

このページ気に入れば 同じフェチの記事もいかが?

お気に入りはぜひシェアしてくださいね

このページはあなたのフェチズムに刺さりましたか?
お気軽にコメントしていってくださいね♪

2 Comment

  1. この前……お会いした時、時間に余裕があるようであんまりゆっくり話せませんでしたが……

    結構SMほど人を選ぶ嗜好もなかなか少ないんですよね。
    本当にS嗜好やМ嗜好がないと、本当に心の底から楽しめることが出来ないんですよ。
    ……ほら、私の「アレ」みたいに(笑)

    私はMシチュで何度か専門のお店に通いましたが……
    何というんでしょう、責められて興奮するというより『怖い』だったんですよ、純粋に。
    私自身、非常に『魂の力』が弱いから……こういう攻撃受けると委縮しちゃったんですよ、生命の危機と言いますか。
    でも、結構一般の人は、女の子から攻撃を受けるという方が萌えるみたいなんですよね。
    実体験を受けてなお萌えるのか、それとも想像の世界だから萌えるのか……
    案外ウチの主人公はS全開でやってますが、こういう精神世界には無縁だったりします。

    SMは不勉強ですが、これも私の『アレ』と同様『A』と『B』のシチュに大きく二分され、SにすればM、MにすればSの嗜好を捨て去らねばいけない世界……かな、と個人的には思ったりしてます。

    SとMふたつ両方充足させるとすれば、責められ男が、女の子に逆襲……という固定パターンにはめなければならないし……案外SMって難しいのかもしれませんね。

    このままM嗜好だけを満足させていく展開にされるのか、逆襲はアリなのか……
    個人的にはお話の展開をものすごく楽しみにしております。

    仕事本当に忙しいでしょうし、お身体だけには十分注意してくださいね。

    • 人を選びますよね。恐らく自分がSMに興味がある と自覚した人であれば、ひとくくりで言われる「SM」というものではなく、俺は尻を叩くスパンキングが好きなんだ、僕は女子高生にバカにされるのが好きなんだ、というような より具体的に深いシチュエーションが好きなんだ、ということまで認めることができているのかな、と思います。
      同時に、同じエス属性・エム属性に分類されていても 興味がもてないシチュエーション、フェチズムについてもはっきりと区分けできるのだと思います。

      とすると、僕が描きたいフェチズムもサキュバスバスター読者がそのままの流れで楽しんでもらうことは容易ではないことだな、と想います。
      となれば、あとは自分の描きたいことをどれだけ描けるか。これにつきると思うので自分のサディズムとマゾヒズムを掘り下げた物語づくりをしていきたいです!

コメント書いてみてくださいね ♪

必須項目はありません メールアドレスは公開されません

エロワードの一言メモ