succubusubuster

【レビュー】生意気ブーツなボンテージサキュバスにバトルファックで正義のお仕置き!【こんにちは!僕、ドラ M男 くん 2】

by / 8 Comments / 743 View / 公開日:2014年9月26日 /

ブーツボンテージ同人誌-1

前作に続き こんにちは!僕、ドラ M男 くん 2 サイトさんで、生意気ブーツなボンテージサキュバスにバトルファックで正義のお仕置き! のレビューを頂きました!

個性的な作画とオリジナリティのある世界観のサキュバスバスターシリーズの最新作。 相変わらずお得な価格設定です。
まず思ったのが、カラーイラストは前作に比較してかなり上手くなっておるとこ。
敵の露出が多いボンデージ衣装の看守ギャルサキュバスがいいですね。 
ストーリーの流れは序盤1/3くらいがサキュバスに責められ、後半がバスター達によるよるおしおきタイムになります。
総量のうちのMシチュ割合は半分くらいは欲しいところでして、バスター自身にはあんまキャラクター的魅力が無いのもあってバトルファックの爽快感が欠けるのが難点。
これなら最初やられまくってた肥満中年オヤジやショタの活躍に容量を裂いたほうがよかったのではと思いました。

引用元はこちら!

M男同人レビューサイト

短くはない時間 絵を描いていますが、絵を評して頂くことはなかなかないことなので、とても嬉しくなっちゃいました! 力強い励みになります。
「> バトルファックの爽快感」というのは、私も自分のこれからの作品において注力していきたい!と感じているポイントです。
設定や世界観、キャラクターに自分自身が引っ張られてしまうと、大事なエロ要素が疎かになってしまうのは改めたい点です。
これからはサキュバスバスターの中でも より 「フェチズム」「バトルファック」を意識して絵と物語を描いていこうと思っています。
また、サキュバスバスターの物語だけでなく、即堕ち2コマ漫画 で描く ということも試みたいです。

マゾシチュ好きは是非!

生意気ブーツなボンテージサキュバスにバトルファックで正義のお仕置き!のレビューはこちら

サキュバスバスター3巻同人誌

サディストお嬢様は悪淫魔!おねショタ搾精か,逆転リョナでお仕置きか!のレビューはこちら

サキュバスバスター3巻同人誌

攻められエロ作品を楽しみたい方は、ぜひ 「こんにちは!僕、ドラ M男 くん 2」 をご覧になってみてください。
更新頻度も紹介ボリュームも超充実のサイトさんです。必ずビビっとフェチズムに響くエロ作品に出会えるはずです!

こんにちは!僕、ドラ M男 くん 2 管理人さん、ありがとうございました!

続きが気になりましたら 次のページもご覧になって下さいね

敵女はいっぱいおります 成敗していきませんか?

M男スパンキングお仕置き部屋 編

巨乳ナース ブルマ女子高生 編

バニーガールテロリスト 編

バトルファック脱衣麻雀 編

牛女 ブーツボンデージ 編

パンストサディストお嬢様 編

小悪魔 スク水白ニーソ 編

ビッチ/女王様即堕ち2コマ 編

このページ気に入れば 同じフェチの記事もいかが?

お気に入りはぜひシェアしてくださいね

このページはあなたのフェチズムに刺さりましたか?
お気軽にコメントしていってくださいね♪

8 Comment

  1. Mシュチュも大事ですよね。
    一方的にこっちがやっつけるより、苦戦する方がもえます。
    ただ、最期までやられる方かどうかというのも大事なところですね。
    モモナさんのアンケでもやっぱりMシュチュのほうが人気が高いのですかねー
    自分のところでアンケートとった内容で男側、完全勝利と完全敗北どちらがいいか
    尋ねたところ、圧倒的に完全敗北でした。

    サイトのほうも新たな巡回場所として見させていただきます。
    ご紹介ありがとうございました。

    • 燃えますよねー、やっぱり一方的な力で優位に立つのでは「陵辱」シチュになるので、私の燃えポイントとは変わってきてしまいます。

      とくにpixivではMシチュを望んでいる方が多いように感じます。
      中でも完全敗北が好きで、そこをクライマックスに楽しんでくれるのだと思います。

      とはいえ、やはり供給量が少ないので、その分渇望したくなるだと思います。私達が溢れるヒロインキャラのイラストよりも、名もなくやられた女ザコキャラのイラストが一枚でもあるだろうか、と必死に探すの渇望感なのかもしれません。

      私がこのブログで描いてきたMシチュ絵は、その先の逆転を見越しての布石的な扱いが強かったですが、販売しているCG集 サディストお嬢様『星島ルイ』編と搾精監獄『アグラ』編では、描き下ろしでMシチュを描いていて、もっと描いてみたいもっと追求してみたい気持ちが出てきました。
      どうやら私の場合は、男としての「される」視点より、女としての「してる」視点を描いていて楽しいと感じるようです。男をイキイキと攻め立てる敵女キャラ、わらわらと自信過剰に迫る女ザコキャラを楽しく描いてみたいと思っています。

  2. こりゃもう、難しいんですよね。
    そもそも創作の入り口自体が、『人に見せ、沢山の人たちにウケるものを創るのか』『人に見せるけど、ついてこれる人だけついてくれれば構わないのか』『わが道を突き進み、結果として誰か見てくれればいいな』で、大分違ってくるんですよね。

    なかなか、万人受けするものを創るってのは難しいし、ましてやこの『嗜好』においてはほとんど全員が、全員それぞれのストライクゾーンを持っていますからねぇ。

    ラーメンで言えば味噌味がいい、とんこつ醤油がいい、ネギは要らない、細麺じゃないとヤダとか……
    この多岐にわたる要望に応えるのは、結局『使用者割合の高い味』に合わせるしかないわけで。
    それが、本当に自分の【創りたいラーメン】なのか、……ってことなのかもしれません。

    これまで沢山の創作者の方と出会ってきましたけど、やっぱり『沢山の人に売れるラーメン』を創ろうとしていた人ってのは、潰れちゃったり飽きちゃったり辞めちゃったり……長続きしない人が多かったなぁ、って思うんですよ。

    私みたいなウンコちゃんは埒外に置くとして……
    この嗜好界の大御所さんで息の長い方は『これがわしの好きな味のラーメンじゃーい!、好きな奴だけ店に来て食え~!』って方が多いかなぁ、とか思うんですよね。

    管理人さんやイエッイエッさんだけがご存じの、私の『あっちのフェチ』の世界なんか、モロにそれですよ。
    リクエストに応えようといろんな要素を詰め込んじゃうと、一気にエロさもクオリティもガクンと下がっちゃうんですよね。
    『監督』自身にその要素がなければ、どんなに美少女と『アレ』を絡めても、全然ダメな作品に仕上がるんです。
    女の子の方も『アレ』が好きじゃなかったり、『音』がダメだったり、逆に全く怖がらない子ならもう悲惨……
    ありゃ~……やっちゃたね、チミって感じになるんですね。

    ラーメンの味自体を洗練させ、料理の技術を磨き、高みを求めるってことはものすごく重要だし意義のあるものかもしれません。
    でも、管理人さんには『これが自分の見せたいものなんだ!』『自分で作っていてすっげー楽しい!』って心だけは、いつまでも持っておいていただきたいんですよね☆
    決して不特定多数の人の舌に合わせようと迎合するラーメンだけは創って欲しくない。
    いままで通り行列のできる、世界で一店舗だけの【サキュバスバスター】ていて欲しい。
    こう思うわけでございますよ。

    うちなんか、汚い裏通りの客の来ない頑固親父の、単品料理しか出さないラーメン屋さんで。
    常連客が管理人さんやイエッイエッさんたちだけで……それでも『美味い』『この味が好き』
    そう言ってくれるだけで、十分なんですよね。それだけで、ラーメン屋さん開いた甲斐があったな、と。

    管理人さんなんか『味の一要素だけでも引き継いでくれる』って言ってくれてるんですから、もう正直何も思い残すことはないわけです。

    そう思いつつ、今日も客の少ないラーメン屋で万人受けしないクセのあるラーメン単品を創り続けるわけですよ。
    ラーメンを創る楽しさだけは、どんなに店舗が大きくなっても、チェーン店になっても持ち続けてくださいね☆

    ……と、独り言呟いて自己満足したおじいちゃんは、いつもの創作活動に戻ります。

    • ありがたいコメント頂き嬉しいです! うーん、創作仲間としてかけがえのない感想にひたすら感謝感謝です。

      さて 私のブログ運営スタンスとして、描いたイラストをインターネットで特にパスワードなどもかけずに公開している以上、できるなら多くの方に見てもらう、というのは大きなテーマとして持っています。

      web制作は昔からやっていますが、当事者としてアクセスアップを試行錯誤しながら実践できる場がこのブログです。
      閲覧されているページを解析したり 検索でより多く表示されるようにするプログラムを追記していく。web運営のテクニカルなことをやっていくと同時に、コンテンツについても多くの人に見てもらえる工夫はしていきたいです。

      一方、創作スタンスとしては、見てもらう方が楽しんでもらえることが 私が嬉しくなれる作品を描く。ですね。
      パパさんが書かれているように、結局自分が真に描きたいと思うものを描いていないと続かない、というのは全くそのとおりだと感じています。楽しんでもらっていても自分が特に描きたくないものだったら真に嬉しくはなれないですものね。

      サキュバスバスターは、編ごとに完成させる形式なので、その編の中で破綻のないキャラクターや世界観に沿ったイラストやエロシチュを描くようにしています。
      ですが、言ってみればこれは誰に強いられるでもなく私が勝手に自縄している制約に過ぎず、見てくださる方が本当に求めているとは全く言えないですし、何より私が本当に描きたいものを描けていないかもしれません。
      「別に物語とか完結しなくていいからさっさと あの女のエロ画像もっと描けや」「オリジナルとかいいからあのキャラ描けや」
      見てくださる方にこんなご意見があって当然だと思いますし(幸い 本当に優しく篤い読者さんばかりで感謝の限りです)、私自身が感じているところでもあります。

      一方で私のような自堕落なものは、縛りを設けてることでより緊張感を持って作品作りを楽しめる! ということもあり、このまま「短編」という区切りの中と サキュバスをバスターする主人公 世界観の中で描き続けていくことは変わらないでしょう。
      染み付いた受験勉強の姿勢のまんまですね笑 ガリ勉スタイルです。

      なので、今後はキャラクターや設定に縛られすぎることのなく よりエンターテイメントを意識して作品作りをしていきたいと思っています。
      その意味で、私自身 描いてみたいと思っているMシチュ、女バスター、プロレスバトルファックなど、見てくださる方が楽しんでもらえれることを励みに色々とチャンレンジしようと思っています。

      いやぁこうした創作語りができて本当に幸せです。
      これからも自分の作品に自信をもって創作語りができるよう、お互い楽しく創作していきましょう!

  3. エロと話を両立させるということは難しいですよね……
    二兎追うものはではありませんがどちらかを重視するとどちらかが疎かになってしまうというバランスが……
    Mシチュになるとただ女性に責められている描写が一つでもあれば良い派と徹頭徹尾女性に責められてなくてはいけない派みたいな感じでちょっと難しいところがあります。(自分は両方イケます)
    しかしながらそれを意識してしまうと囚われてしまうんですよね……
    囚われてしまうとそれは本当に自分の思い描いたものなのだろうか、本当にこれで楽しんで貰えるのかという深みに嵌っていき更に囚われてしまうという連鎖が……
    ですから囚われずに自分の思い描いたものを形にするということが大事だと自分は思います。

    • ほんと難しいですよね…!

      ストーリーがしっかりしているエロ漫画や、設定がしっかりしているAVやエロゲーには、ただクオリティの高いエロ画像を集めたスレや、カワイイ美少女がたんたんとこなしたAVでは得られない興奮度がありますよね。
      作るのは難しいですが しっかりしたお話づくりこそ、それがより深いエロさを影現できると思うので変わらず頑張ってみたいと思います。

      私は単純思考なので、
      自分の描きたいものを描きたい!どうせ描くなら多くの方に楽しんでもらいたい! これが私の楽しい活動だ!という、ハッピーセットポジティブ姿勢です。
      ですがこのポジティブの自信は、このブログやレビューやコミケで頂く感想や、同じ作り手の創作談義が支えてくれてるのだなぁと深く感謝するところです。
      とりわけ深みに囚われないように手を差し出してくれているのは天捺統さんのように同じ困難をもって作品を楽しみ創作をしている方のコメントです。
      感謝感謝です♪

  4. プロレスバトルファック……

    これねぇ、ずっと昔から温めてたネタがあるんですよ。

    昔「マドンナ学園1997」ってバトルファック漫画があったんですよ。
    そこでプロレス部の主将の健康優良児ショートカット元気娘と戦うんですけど……
    美少女だけど『猪』のイメージがあって。

    そこから派生して創ってみたいネタがあったんですよね。
    敵は十二支をイメージした女の子たちなんですよね。
    子:ロリっ子ネズミ耳付きアイドルレスラー
    丑:巨乳清純派メガネの知的美少女
    寅:タイガースファンの元気っ子関西弁娘
    卯:陽気なニンジン髪・そばかすのアメリカバニーガール娘
    辰:カンフー使いのチャイナレオタード中国娘
    巳:ローションレスリングを挑んでくる、ワンレンボディコン美少女

    ……みたいなの。

    なんか思いたったら、十二支相手に戦ってみませんか☆

    死ぬ前にジジイに夢を見させて下され……ガクッ

    • このプロレスバトルファックの設定、すばらしいじゃあありませんか…!

      プロレス漫画はとにかく画力が大事だと思うので 一筋縄ではいかなさそうですが 面白い構図に挑戦できるわけですし、ぜひ扱ってみたい題材です。
      サキュバスバスターで言えば 丑=アグラ 卯=イナヴァ で登場させられそうです。ミラは、、、猿?

      描いてみたい題材、どんどん増えますわ笑

コメント書いてみてくださいね ♪

必須項目はありません メールアドレスは公開されません

エロワードの一言メモ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/houjiro/www/wp/wp-content/themes/bzine/content-image.php on line 399