succubusubuster

小悪魔ニーハイブーツ

【Kindle】襲撃!小悪魔・スク水戦闘員娘たちをやっつけろ!

by / 4 Comments / 84 View / 2012年12月22日

amazon.co.jp(日本)でも、作品登録ができるようになったとのことで、作品フォーマットをととのえ提出してみました。
同人作品読者の方だけでなく、一般の方も足を踏み入れる密林=amazon ということで、表紙はちょっとだけオサレ(?)にしてみましたが、内容はこれまでの書店とほとんど同じです。
公開記念! ということで今年度中までのキャンペーン価格にしました。¥299 (2012年12月31日まで予定)
お。と、反応した方はぜひ [さらに表示する] も見てください。


うまい話には裏がある! そう、敵女・悪女の誘惑のように!
いえ、悪意があるわけではないのでご安心を(笑
さてこのキャンペーン価格の理由は以下です。
Kindle用のデータを作るにあたり、いろいろ調べていたところ、端末や環境によって表示や再生が完全でない場合があるようです。現状の私では、全ての端末からの表示を確認することができていないためです。
私の手もとの環境、WindowsPC の KindleアプリAndroid OS2.3スマホのKindleアプリでは、私が想定している通りの動作を確認できています。これらの環境であれば問題なく読んで頂けます。
一方、
・KindleFireなどの各種Kindle端末
・iPhone、iPad、Androidタブレット端末のKindleアプリ

などからではまだ動作確認できていません。
レイアウトが崩れたりするような複雑な製本はしていないので、恐らく想定通り読むことができると思いますが、ここに書いておきます。
↓ 一画面を表示したときはこんな感じなはずです。余白は白いはず。
kindleサキュバスバスター
各種Kindle端末や、iPhone、iPad、Androidタブレット端末のKindleアプリ環境からお求め頂けたのであれば以下の点を確認頂き、ご意見頂ければ大変嬉しいです。

  • 紙漫画のように左右に1枚ずつ表示されるのではなく、画像1枚だけが見開き表示されるか
  • 日本の漫画と同じに、右から左へのページ送りになっているか
  • 端末を縦横回転させると、本も回転するか
  • 文字は拡大せずに十分に可読できるか
  • 拡大表示やページのブックマークなどの機能は使えるか

想定通りである注意点としましては、

  • 文字情報の選択はできないです。すべて画像として作っています。
  • 目次のインデックスページは作っていません。

恐らく、ここらへんはKindleストアで公開されている他のマンガ電子書籍と変わらないのかなと思います。
このように、読者さんでサンプルを頂くようなキャンペーンは褒められたものではないことと承知しているのですが、いかんせんこうしたフェチ本ですから このフェチに興味ない友人の端末を借りて挙動確認することができませんでした。
ただ、Kindleストアからは「無料サンプル」がダウンロードで読むことができます。動作を確認した上で購入ができるので、あなたのフェチが疼けばぜひ!


~雑記~
今回の公開では“epub”という、アルファベット文字電子小説は扱いやすくも、日本語のイラストメインの本では扱いにくいフォーマットで作りなおさなければならず、試行錯誤がありました。
これまでも、kindleがキター! koboがキター! epub日本語最適化キター! と、いろいろな賑わいは段階的にありましたが、これらに飛びついて記事を書くのは
気鋭の文字メインの物書きさんや、結局自分は出版することないITライターさんが多かったように感じます。
「ん? 電子書籍やCG集なんて10年前から出してるぜ!? ゲームすら作ってたくさんビンビンにさせてきたぜ!?」 である、日本の同人作家さんたちや、彼らの作品を楽しむことで豊かな市場を育んできた同人作品愛好家さんたちこそ、電子書籍制作・読書の先行者なのですから、
まだまだ全然といっていいほど並んでいない日本の同人本が、Kindleストアで並ぶ環境になればステキだなと思います。
ということで年明けぐらいから、
本作品を出版するまでの制作・提出過程などのマニュアルを、説明画像やプログラムコード、amazonからのメールなども用いて実験的に公開していこうと思います。
海外のベンダーである amazonさんを利するのは、あまり本意ではありませんが、日本発の同人本を、
ちゃんとしたルートで海外の人たちにも楽しんでもらえるような環境づくりへの一歩になればいいな、
国内の電子書籍サイトさんが興味をもった海外の方からの購買環境を作れるといいな、
と期待しながら記事を書いていこうと思います。
kindleサキュバスバスター2
↑ と、浮かれがちなお堅い人たちに言ってあげるさ! エロこそ先行者であると!
※もちろん、普段の漫画更新を怠ることはないようにいきますヨ!(宣言!)

4 Comment

  1. こんにちは!
    いろいろな世界や情報にアンテナを張り、それらを使って作品を発表して行こうという意欲やバイタリティには敬服してしまいます。
    僕は自分のサイトの改造だとかブログの更新だとかその程度の事に手一杯なもので(^^;)、さんの行動力が羨ましいです。
    しかしAmazonは通販でよく利用していますが、こういうサービスも行なっていたのですね。よく知りませんでした(^^;)。
    多くの人に作品が見てもらえるという環境が増えるということは喜ばしいことではありますね。
    あまり張り切りすぎてお風邪などお召しにならぬ程度で頑張って頂ければと思います。
    今後ともに応援していますよー!
    頑張って。

  2. いやぁ、私はほんと興味の視野が狭いのです。なかなか物事に興味を示せず、行動もできないのです。
    その半面なのか、興味持ったことにはわりとどっぷり浸れるところはあるかもしれません。
    こうやってただ作るだけでなく、各種電子書籍ストアもそうですが、こうしたブログ公開もそう、自分で最初から最後まで環境を作ることができるのが、私にとって同人活動が楽しいと思えることです。
    こうして自由にコメント頂けて、それを自由に返すことができるのも、「お仕事」だと実際にはなかなか難しいですよね。とても励みになります。
    とりわけ電子書籍やアプリなどは、ただ読んでもらうだけでなく効果音をつけたりアニメにしたりゲーム性を設けたりと、無限の可能性があるので、いろいろ実験したいなぁと思ってます。

  3. ミラちゃんがついにamazonにデビューするのくぁ!
    たくさんの人に見てもらえるというのは
    ほんとうに大事ですよね。
    宣伝、広告がなぜ大事なのかよくわかります。
    これで、敵役のお姉たんにピクンと反応する人たちが
    自分の求めていたものはコレだったんだあああ!
    と自覚して、一大ジャンルになることを
    切に願います(割と本気で)

  4. 見てもらう、多くの人に作品を晒す、というのは、自堕落な自分が描き続けるためにも大事だなぁと思っています。
    こうやって一冊の本という商品にすることで、自分の作品に言い訳をしないといいますか。作品や私についてのご批判を真摯に受け止めることができます。
    そこまで自分の好きなジャンルをおまえらもこれにハマれや~!という気概はないですが、私自身、悪女敵女好きの先達の方々が創作公開してくれたおかげで今こうやって自分の好きなことを明確に意識することができていることを顧みれば、手にとってくれた方にそう思って頂けることがあるならば、それはとても嬉しいことですね。
    しかし、amazonで個人制作の同人誌が買えるようになったというのは、はるばるきたなぁと感慨深いものがありますね。

コメント書いてみてくださいね ♪

必須項目はありません メールアドレスは公開されません